くまざわの「20代の自由時間」シェア

日々の暮らしに小さなワクワクをプラスしていく

発達障害を持つ方のブログから学んだ人生を楽しむための方法

f:id:kuma30623:20170918195101p:plain


先日見つけた発達障害を持つライターの「じょーさん」の記事。

 

 

これが人生を楽しんで生きていくためのとても深い学びになったので紹介したいと思います。

 

発達障害の生活をRPGで例えると 

戦士が活躍する世界で魔法使いとして生きていくことが「発達障害者の生活」

じょーさんは、発達障害のある方には

それぞれの異文化があると言います。

そのため、

周りの人ができることができず、

説明しても理解できない。

結果、社会の中で生きていく上で

たくさんの苦労があるそうです。

 

しかし、発達障害のある方の世界観をボクたちはなかなかイメージできません。

 

そこで、ご自身も発達障害をお持ちのじょーさんが、大好きなRPGに例えてこれを説明してくださっています。

 

発達障害RPGに例えるとそれは
周りがみんな戦士だらけの世界なのに自分だけ魔法使いだった」ということ。
戦士が当たり前に備えているスキルも魔法使いは持っていないです。
戦士向けに作られているゲーム・ストーリー(世の中であり人生)を進んでいくのには苦労が多く、下手したら”最初のダンジョンすらクリアできないかもしれないハンディがある”ということでした。

f:id:kuma30623:20170918183118p:plain

  •  攻撃力がとっても高いのに、HPが少なくて一撃でやられてしまう人。
  • 最強の魔法を最初から備えているのに、MPがなくて使えない人。
最初のステータスが凸凹過ぎて、
ゲームとしたらバランスが悪い
最高に使いにくいキャラクターです。
 
「ゲームの初期段階で使用できるキャラクターがこれだとして…」
 
そういう意味でじょーさんは発達障害の生活はクソゲー」だとしています。
 
 

 ゲーム攻略は「自分だけの魔法」を探すこと!

一人一人特性が違う発達障害を持つ方たちがこの世界でうまくいくには、「やってみる」しかない。それがじょーさんの悩みに悩んで出た結論。試行錯誤を繰り返すということです。
 
たくさん嫌な思いをされてきた。そもそも探したところで自分だけの魔法が見つかるかもわからない。それでもうまくいくには「やってみる」しかないという。

http://corobuzz.com/wp-content/uploads/2016/02/rat1.jpg

諦めたら試合終了。

まさに安西先生です。

クソゲーの中で自分だけの魔法を覚えて生きていくためには「やり続けること」、「諦めないこと」が大切なんですね。

これはどんな人にも当てはまることだと思いました。

 

ちなみにボクはこのじょーさんのメッセージとは少しズレますが、他人と違う凸凹なステータス」という部分に特に共感を覚えました。

 

ボクの周りでは旅行に行ったり、スポーツしたり、美味しいご飯を食べたり、飲みに行ったり、レジャーに行ったり、そういう生活をしている人が多いです。僕も誘われて遊びますが、その時のみんなの「楽しい」って感覚に違和感を感じます。

 

逆に一人の時間で知らない情報に触れたり、本を読んで世界を感じたり、頭で考えていることを言葉にしたり、文章にしたりすることはとても「楽しい」と感じます。

 
今までボクは自分の楽しい感覚が人と違うのに、「周りに合わせなくちゃ」ということを優先して考える人でした。みんなが楽しんでいることを「自分も楽しまないといけない」というように思い込んでいました。変な奴と思われたくないとか、仲間はずれになるのが怖いという思いもあったと思います。
 
しかし、大学でメンターに出会ったことで「自分の気持ちをもっと大切にしようと思えました。自分の楽しいとか、嫌だとか、辛いとか悲しいとか嬉しいとか、そういうものにもっと正直になってありのままの自分を自分で受け止めようと。
 
じょーさんの記事を読むことでより一層その気持ちが強くなりました。
そしてやってみよう、チャレンジしようと思えました。
 

じょーさんのブログで学んだ人生を楽しむために必要な考え方

ボクはじょーさんの記事でこんな考え方に気づかされました。
自分の魔法はすでに備わっているかもしれない
 
ボク自身がそうだったように、多くの人が周りの人の目や意見、社会の常識に知らず知らずに影響されています。
 
「一杯目はまずはビールで!」
「みんなが帰らないから帰りにくくて残業」
「大学くらい行っとくもの」
「お金は銀行に預けて貯金しておく」
「公務員は安定」
 
多くが常識と言われるようなことで、知らないうちに身についてしまった価値観だと思います。ある意味社会に価値観を操作されていると言っても過言ではないです。
 
これは、知らないうちにあまりに多くの価値観や常識といった重荷を背負わされていて、何が自分の持っていたものかわからなくなっている状態です。
 
しかし、自分たちにはもともと備わっている資質や才能、強みが必ずあります
それはたくさんの荷物(常識や価値観)の中で隠れてしまっていたり押さえ込まれていたりしていますが、余計なものを捨てたり整理(試行錯誤)したりしているうちに見えてくるものです。
 
ボクなら自分の頭の中でいろいろと考えることが楽しいし、それがボクの資質であり、考えることが好きだから考えたことを文章にして発信することで見てくれる人との共感のツールとして強みを得ようとしています。
  
また、自分には見つけられなくても他人が見つけてくれることもあります。
ボクはメンターのおかげで他人に合わせないことがボクにとっては大事だと気づけました。
人の言われるがままに流されることはオススメしませんが、他人の意見が自分の見えていない自分に気づかせてくれることが意外と多いです。
 
このように、ボク自身の経験上からも、自分たちが探している「自分だけの魔法・あるいはそのタネ」は、今は見えなくても自分の中にあるんだと思います。
 
そして、じょーさんのように試行錯誤し続けることで、今まで見えてなかったもっとすごい資質や才能が見えてくるかもしれません。
 
自分だけの魔法はもう自分の中に備わっている
魔法そのものを持っていなくてもそのタネは絶対に持っています。
これを常に念頭に置いておくと人生というゲームをより楽しく進められると思います。イメージは宝探しですね。
 
じょーさんの真っ直ぐな記事からそんなことが学び取れました。
 
 

人生を楽しむためのまとめ

  •  凸凹ステータスでも人生というクソゲー攻略するには自分だけの魔法を見つけよう
  • 方法は単純「試行錯誤」あるのみ!
  • 自分だけの魔法(あるいはそのタネ)はすでに備わっていることを知ろう
  • 気づかないうちに背負ってた余計な重荷を捨てたり整理していこう
  • 自分だけの魔法は他人から気づかされることもあることを知ろう

 

【習慣化のススメ】スタバ中毒者はスタバと◯◯を結びつけて元を取れ

http://zatugaku1128.com/wp-content/uploads/2016/09/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%90.gif

 

週に1回は必ずスタバに行く、

スタバ中毒者のくまざわです。

 

スタバってすごく雰囲気が良くて、

Wi-Fi環境も整っているので

勉強、読書、仕事、

いろいろなニーズを満たせますよね。

 

店内を見渡しても

みんなバリバリ仕事や勉強してるな〜と。

さすがスタバ。

と思いきや、よくよく見てみると

ただ暇を潰しているだけの人が多い。

 

「失礼ね。私はちゃんと学校の課題やってるわよ!」

とおっしゃる方もいるかもですが、

 

その勉強しながらも

合間にスマホをいじいじ。。。

 

読書してるかと思いきや

スマホをスクロールスクロール。。。

 

 

教科書とノート開いてやる気は見せてるけど

それで満足しているのか?

なんだか雰囲気に酔っているだけな気が。笑

 

 

なんてツッコミながら、

かくいう自分もその一人で。

 

スタバに行くときは

ちょっとおしゃれな格好して、

おきまりのフレーズ

「ショートのドリップコーヒーホットをマグカップで」

そしてスタバカードをシュパっと出してスマートに清算。

MacBook Proを開きながら

コーヒーをすする姿に酔いしれる

う〜んかっこいい。

いわゆるスタバカです。

 

スタバに来れば何かやった気になってるんですね。

ひどい人はちょっと暇があればスタバに入るなんて人も。

 

無意識に「コンビニ」に入ってしまうという人もいますが、

同じように無意識に「スタバ」に入っている人は実は多いはず。

これ恐ろしいほどお金と時間の無駄になります。

 

つまりスタバに行くことで

無意識にお金と時間を失っているということです。

 

雰囲気を味わうのもスタバの醍醐味で

全然良いのだけれど

せっかくなら「スタバ=◯◯」という

自分ルール・スタバ習慣」があるともっとよくないですか?

(◯◯には自分の成長や利益につながること)

 

スタバに来たら自分の利益になることをする=習慣化する」

ができれば、無意識に無駄にしていたお金や時間を取り戻すどころか

コーヒー代のたった300円が

1,000円分、

あるいは10,000円分、、

それ以上の価値に変わる可能性があります!

 

 

今回はボクが

スタバに来たら絶対にこれをやる

と決めたことを3つあげて、

昔のボクと同じように

無意味な時間とお金を費やしている

スタバ中毒者に一石を投じます!

 

 

「スタバに入ったらこれをやる」と決めた3つのこと 

f:id:kuma30623:20170906143553j:plain

①ブログ記事を書く

ブログの更新はボクの今一番の楽しみです。

自分で感じたこと、考えたことを文章にして、

できる限り伝わりやすい形にして

世の中に発信する。

 

けどこの作業、好きでもなかなか大変で、

「疲れてるし今日はやめようかな」

なんて思うことが多いです。

 

そんな時は少しおしゃれして、

スタバでコーヒーを飲みながら

それっぽい雰囲気で書きたいことを書き始めます。

 

「スタバに来たらまずブログ」

と決めているので、

スタバがブログを書くときの

トリガーみたいになります。

 

習慣化するときには

苦手だけど取り組みたいことと

好きで楽にできることを

組み合わせると効果的です。

 

 

スタバのおかげで

文章を書くのが当たり前になり、

スタバの雰囲気と結びついて

文章作成がどんどん好きになりました

 

習慣化の力はすごい。

 

 

②本を読む

f:id:kuma30623:20170906194329j:plain

 

ブログを書くこと

=アウトプットだとしたら、

本を読むこと

=インプットです。

 

個人的な意見として、

スタバの雰囲気の良さは

その店舗にもよりますが、

程よいざわざわ感

だと思います。

 

専門用語で

ホワイトノイズ良い雑音

というそうです。

 

お話をしている人もいれば

熱心に仕事や勉強に励む人もいて、

ファミレスみたいにうるさくなく。

図書館みたいに静かすぎない。

 

この程よい空間は読書の世界に

一気に入り込める好条件です。

 

集中すればするほど

読書のスピードは上がりますし、

インプットの質も高まります。

 

 

③「ToDoリスト」や「やりたいことリスト」の整理

 

 日々せわしない時間の中で、

スタバにいる時くらいは

ゆったりした時間を過ごしたい

 

おしゃれで落ち着いた雰囲気の

スタバだからこそできる至高の時間。

 

そんな時間の中でこそ、

自分自身を見つめることをオススメします。

 

 

見つめると言っても単純で。

自分の内側にある

「これしたい」「あれしたい」

に耳を傾けるだけ。

 

それを僕はリストにまとめてしまいます。

  • 読みたい本リスト
  • 学びたいことリスト
  • 聴きたい曲リスト
  • やりたいことリスト
  • 欲しいものリスト
  • 観たい映画リスト
  • 行きたいところリスト

などなど…。

 

最近ボクは物欲が高まって来た感があるので

欲しいものリストを更新!

 

f:id:kuma30623:20170906194531p:plain

 (ちなみにこのアプリは「Wunderlist」)

 

欲は悪いものではないので、

感じた時点でまずはアウトプットしてあげる。

アウトプットしたら「なんで欲しいのか」

よくよく考えてみる。

 

そこで買う買わないの判断はしない。

 

自分の「〜したい」気持ちと向き合うことで

自分の大切にしたいことなどもわかってきます。

 

 

スタバってボクの中では

忙しさから解放される時間と空間なので、

思いっきり自分のことを考える場所にしちゃってます。

 

リストの整理は自分の心の整理なので、

愚痴と一緒で、吐き出したらスッキリしますよ!

おすすめです!

 

 

オリジナルの「スタバ=◯◯」習慣を作ろう!

以上のようにボクは

スタバに行ったら3つのことを行う習慣を作りました。 

 

  1. ブログ=アウトプット
  2. 読書=インプット
  3. リスト作成=心の整理

 

もちろんスタバだけではなく

日々の暮らしでもこの3つは行います。

 

ただここで伝えたいことは

無意識でフラフラ〜と入っていたスタバが

この3つを行う場所になることで、

頑張った感覚もなく自己成長できる

ということです。

 

もちろん、スタバと3つの行動を

結びつける過程においては

意識的な努力が必要です。

 

「なんだか難しいな。本当に習慣化するんだろうか」

と思う方もいると思います。

でも、これはパブロフの犬と同じ。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/7/70/Pavlov%27s_dog_conditioning.svg/1024px-Pavlov%27s_dog_conditioning.svg.png

 

パブロフの犬」とは、犬にエサを与える時、ベルを鳴らしてから与えるという事を繰り返していると、ベルを鳴らすだけで犬がよだれを垂らすようになるというもの。

 

犬が「ベルを鳴らす」ことで

反射的に「よだれが出る」ようになるのと同じで、

「スタバに行く」ことで

反射的に「成長に繋がること・利益になることをする」ようになるのです。

 

反射的に」というのが肝で。

反射的に=無意識に

無意識に=習慣

なので、自分の意思とは関係なく

スタバが成長に繋がる場と化すわけですね。

 

これは、犬が「エサが大好き」なのと同様、

ボクが「スタバが大好き」だから出来上がった反射・習慣です。

 

あなたもスタバが大好きなら、

パブロフの犬になれる可能性はちゃんとあります。

 

僕の場合はスタバ=自己成長(ブログ、読書、整理)でしたが、

人それぞれ、「スタバ=◯◯」の

◯◯は変わると思います。

 

自分にあった◯◯を見つけて、

スタバと結びつけて、習慣化し、

スタバをもっと有意義な場所にしちゃいましょう!

 

 

 関連商品

習慣のつくり方については以下の本がオススメです。

【悲報】飲み会幹事「やりたくない…」けど、挨拶ができないとこうなる

f:id:kuma30623:20170903174849p:plain

みなさんは飲み会の幹事をやられたことがありますか??

されたことがない方はこの記事を読むことで、

「幹事業ができないとどうなるのか」

ということを理解していただけると思います。

 

「初めて幹事任されたけどまあ適当でいいっしょ」

なんてなめてはいけないのだ。

 


ちなみにぼくはアクティブインドア代表なので、

外で大勢ワイワイすることがそもそも嫌いなタイプ。
ということで、飲み会もあまりやらなければ今まで幹事をやったこともありませんでした。


右も左もわからないぼくですが、
職場の先輩が退職されることになり、
送別会の幹事をすることになってしまいました。

 


多くの職場で「若い人が幹事をする」

というのが今や定番になっているのではないでしょうか…。

 

やりたくない

それが正直な気持ちでした。

 

幹事は会を開くために
人に呼びかけ、日程を調整し、お店を探して予約して、、、

などいろいろやることがありますよね。

正直それだけでも仕事の合間で結構な面倒と気遣いが必要です。


ぼくが個人的に苦手だったのは

 

  • お店選び
  • 乾杯と締めの挨拶

 

この2つでした。

特にいつも一人で、自宅でしか生活しないぼくにとって、

挨拶をする」ということが何せ苦痛でした。

 

そんなぼくが、

初めて幹事を任されたのになんの準備もせず、挨拶ができずに体感した

「挨拶ができないとこうなる」を紹介します。

 

 

尋常じゃない恥ずかしさと情けなさのアンハッピーセットがもらえる

 

ぼくは何も幹事としての挨拶を考えてこなかったため、

「えー、はい、すみません、挨拶とかしたことなくて…何を言えばいいのか」

と馬鹿正直に言ってしまいました。

 

それによって 

「あ、死にたいな」

と思うくらいキンキンに冷えた視線で

みんながぼくを見ることになるんですね。

 

「いやいや、ちゃんと挨拶しろよ」

「乾杯の挨拶もできないの?」

「ダサいて」

 

そんな心の内側の乾いたヤジが顔に出ていました。

 

ただでさえ人の注目が苦手なぼくですが、

この時は「もう逃げ出したい」という気持ちでいっぱいでした。

手汗ダラダラ顔も青ざめてたと思います。

 

後輩も「なんやねんこいつ」って顔でした。

 

こんなに恥ずかしくて、情けなくて、惨めな思いをするとは思っておらず、泣きそうでした。笑

 

  

 

さっきまでの楽しい雰囲気が台無し

 

自分で言うのもなんですが、

ぼくの職場はとてもアットホームです。

みんなで楽しくワイワイと仲良く話をすることが多い方だと思います。

それは飲み会ならなおさら。

送別会も笑顔で談笑するみなさん。

 

しかし、乾杯や締めの挨拶でどもるぼくを見て

みんな表情がなくなりました。

 

「ごめんなさい」

 

思わず謝っていましたが、

誰も何も言わず。

 

空気が怖すぎて自分は笑顔で

「すみません、本当に初めてすぎてなんて言えばいいのか浮かばんくなりました〜」

ってとにかく話さないとと思っても

余計にみんなの顔が曇っていくのを感じました。

 

そもそも乾杯とかその程度の挨拶をできないのがアホすぎるのだと思うが。。。

 

それはさておき、

特に締めの時は挨拶がグダグダだと楽しい雰囲気が台無し。

楽しい流れ、リズムでポンポンポンと締めを行いたかった。。。

終わりよければ全てよし。逆もまた然りなのです

 

幹事は会を楽しく、時に引き締めるための準備

しっかりしておくことが大事だと学びました。

 

 

何より送別される人に失礼

 

これが一番ぼくが感じた反省の気持ちでした。

長いこと勤められて退職される方にとっては、

送別会はありがたさもあれば、申し訳なさもあるものだと思います。

「自分のために忙しいのに集まってくれてすみません、ありがとう」

という気持ちです。

 

これまで勤めてこられたたくさんの想いがあると思います。

そんな想いを生かすも殺すも、送別会にかかっているんですね。

それこそ「終わりよければ全てよし」です。

 

それなのに、ぼくが挨拶もできないばっかりに

会全体がグダグダとしてしまい、場がしらけてしまう。

 

これは送別される人に対しての失礼な態度。

 

大事なプレゼンの仕事を任されて「できます」と答えたのに

当日になって資料も用意していない、話す内容も考えられていない。

そんな風に投げやりに仕事をしているのと同じです。

  

「わたし送られる側なのに、最後なのに、なんか気遣うやん、空気最悪」

きっとそう思われていたに違いない。。。

 

幹事をするということは、ただ会を用意するだけではなく、

その場の主役にいかに気持ちよくなってもらうか

ということまで考えなくてはいけないと思いました。

 

 

ぼくのようなくそ情けない経験をしないでほしい

 

幹事をやったことない人へ

今後幹事をやることが必ずあると思います。

 

ちゃんと準備しないとぼくみたいな

「ダッサい」ヤツになってしまうぞ。

 

そんな経験ぼくだけで大丈夫。

幹事ができないとどうなってしまうのか理解して、

そしてぜひ、第2のぼくにならないでほしい…泣 

 

切実なお願いとともに、

幹事をやることはとてもいい経験になることもお伝えしたい。

 

 

主役はもちろん、そのほかの参加される人にも気持ちよく、

「あー、ほんと今日楽しかったね」

と思ってもらえることが幹事の役目です。

 

人に楽しんでもらうということは

詳しく説明せずともわかる「人として大切な考え方」だと思う。

 

 

次幹事を任された時には、

まずは「幹事 挨拶」でググって

無難でも基本的なマナーのある挨拶をちゃんとできるようにすることからリベンジしようと思う。

何事も経験で、失敗することも経験だけれども、

ぼくみたいなアホらしい失敗は回避できるなら回避すべきだ。笑

 

ぜひ、今後幹事をやられる方は

まずは無難でいいから、少なくとも会をグダグダにしないような準備をすると良いと思います。

 

 

 

キングコング西野亮廣がイケメンなのには理由がある

https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/t51.2885-15/s640x640/sh0.08/e35/20590232_1258383017622577_2486108434508808192_n.jpg

 

キングコング西野亮廣さんをリスペクトしている

くまざわです。

 

西野さんは見た目はもちろん何より内面が半端なくイケメン!

先日西野さんのLINEブログを読んで、西野さんがやっぱりイケメンだと思った考え方を見つけたので紹介します。 

 

 

「全ての行動理由を説明しろ」

と西野さんは言っています。

これはどういう意味なのでしょうか。

 

結論から言えば行動理由のない行動は

意味性の限りなく薄い「時間の浪費」だということ。

そして行動理由を説明できることは

結果」と「責任」をダブルで背負うことだということです。

 

 

これを理解して目指せ内面イケメン!

 

 

行動理由のない行動はただの浪費

 

日常には「考えさせない」メッセージがたくさんある。

例えば

・お金はしっかり貯金しろ

・お金稼ぎはいやしい

・大学くらいは出た方がいい

・好きなことだけやってたら食っていけない

・まずはビールで(笑)

 

こういう「当たり前」と言われる価値観は少なからず存在しています。

もちろん当たり前があるから成り立つ関係性もあるし、

当たり前がなければコミニュケーションはかなり面倒なことになります。

 

そういう意味で、当たり前という言われることにも理由があると思います。

 

 

けど、

 

「考えない」という選択をとってそのまま受け取ってしまうと、あとあと後悔することになるのは自分ですよね。

 

「え?後悔ってどういうこと?」

と思う方もいるかもしれません。

 

例えば「貯金しろ」と言われて貯金をしていっても、

結局それはなんのための貯金なのか?

この「なんのため」が最も重要です。

 

万が一のための保険的な貯金か

結婚の費用としての貯金か

起業を見据えての貯金か

 

「なんのため」の貯金かがわからなければ、

いくら貯めればいいのかもわからないし、

何に使えばいいかもわからない。

 

そしてそれがたとえ「結婚の費用」としての貯金だったとしても、貯める額を300万なら300万で決めて、30歳には結婚すると決めて、それで貯めていかないと、極端な話、

「50歳になってなんとなく貯めてた結婚費用1000万になりました。未婚です」

っていうカオスな状況になっちゃいますよw

 

貯めるのはいいけど、「そもそも結婚する気があるんですか?w」って話です。

 

 

その貯めてたお金を使って自己投資をして教養を養ったり、

女性と実際に食事をして、振る舞いや会話力を身につけたり、

そうすればまた変わった人生だったと思います。

理由がはっきりしていれば同じお金を貯めるにしても使い方は全然違います。

 

 

「結婚できなかったとしても1000万円溜まったならそれはそれでいいじゃん」

という声もあるかもしれませんが、

使い道のないお金ほど意味のないものはない」と僕は思っています。

これについてはまたいずれお話しするとして、

 

今回伝えたいことは 

「理由→使い方(行動)」

「原因→結果」

ということです。

 

 

今は「貯金」にフォーカスして話を進めましたが、 

全ての行動理由を説明しろというのは、

行動の理由がわからないまま貯金をして

自分の命である時間を浪費するな」ということと同じなんです。

 

時間を本当に大切に思っているからこそできることですね。

自分の時間を大切にできる人は、他人の時間も大切に考えれる人です。

 

時間

=その人の命

=その人そのもの

という発想ですね。

 

 

行動理由を説明できる西野が持ってるイケメン要素とは

https://scontent-sjc2-1.cdninstagram.com/t51.2885-15/s640x640/sh0.08/e35/19379811_451729398526643_2952488105568894976_n.jpg

 

西野さんは

全ての行動理由を説明できる。

説明できないことはしない。

そうおっしゃっています。

 

さすが西野さん!イケメン!

 

と、ただただ「イケメン」とだけ言っていては

それこそ行動(言動)の理由が説明できていないので、

この「全ての行動理由を説明できる」がなぜイケメンのか、

僕なりに説明したいと思います!!

 

イケメンな理由は2つ

  • 主体性
  • 責任感

 

f:id:kuma30623:20170829152029p:plain

 

 

 

結果をコントロールできる「主体性」がある

 

「原因」→「結果」

そう、皆さんご存知「原因結果の法則」

 

 

この法則に従って考えると

「理由」→「行動」

となった時、

理由=行動の原因です。

その行動=結果の原因になります。

 

ということは、

人生における自分の結果をコントロールするには、

自分の行動をコントロールすること、

さらには行動の原因となる行動理由をコントロールすることが必要で。

 

つまりは行動理由を結果と結びつけて考えられるようになれば

自ずと望んだ結果が出るようになるというわけさ。

 

西野さんは行動理由と結果の結びつきを

毎日考えて考えて考え抜いて、

「こういう理由でこの行動をとったから、それがこういう結果に結びついている」

と説明でき、自分の望む結果も得ているというわけです。

 

自分で考える

自分で決める

主体性の塊のような人ですね。

 

 

結果に対する「責任感」がある

そしてこの行動理由を自分で説明できるということは

行動理由から生まれた行動→結果を自分の「責任」として捉えられているということになります。

 

これは過去の主体性の記事でも説明した

「刺激」→「反応」の間にある「選択の自由」と同じです。 

kokoro-karada.hatenablog.jp

  

例えば

ダイエットをするにしても

美味しそうなチョコレート(刺激)を目の前にして

 

それを食べるとどうなるのか、

このタイミングで食べるのはどうしてか、

こうなりたい目標があるとしてその選択でいいのか、

チョコじゃなくてナッツではダメなのか、

食べないという選択はないか、

 

という思考の過程を通して「食べる」という実際の行動(反応)があります

食べないことも選択できたのに、食べるという選択をしたことで

太ってしまったという結果になった場合、

その行動に対する「責任」は自分にありますよね。

それは「自由」に選択することができたからです。

 

思考の過程では「食べるか食べないか」という行動を

様々な理由から選択することになります。

ここに選択の自由があり、自由があるから行動→結果に対する責任が生まれます

 

行動理由が説明できる」ということは

自分の選択を自分で決めたよ」ということであり、

自由な選択によって生じた『行動→結果』に責任をもつよ」ということなのです。

 

 

責任と聞くと敬遠しがちですが、

責任を自ら背負える人はイケメンじゃないでしょうか?

 

逆を考えてみて、

「あいつに言われたからやった」

「世間がこうだからそうした」

 

なんて言ってる人は

受身的で、責任逃れな人だなと思いますし、

何よりかっこよくない笑 

 

責任を背負うという意識で日々の選択や行動をしている西野さんはやっぱりイケメンでしたと。

 

 

 

行動理由を説明できるようになって西野になろう

 

ということで行動理由が説明できると 

  • 責任感や主体性が育つ
  • 結果を望ましい方向へコントロールできる

 

となるわけです。

これはすごいです。

 

西野さんみたいに内面イケメンになれるどころか

望ましい結果まで付いてくるとは(卑猥な妄想中)!!

 

行動理由を説明しない手はありません!!

 

 

 

…のですが、

じゃあ今、行動理由を考えて行動したとしてもすぐに結果が出るとは限りません。

なぜなら行動理由と結果が結びついているとは限らないからです。

 

 

これは日々の訓練、トライアンドエラーです。

 

毎日行動し、毎日考え、結果と理由を明らかにする。

その繰り返しです。

 

と西野さんがおっしゃる通り、

毎日繰り返し自分に

「なぜその行動をするのか」

を質問し続ける、考え続けることが大切です。 

 

行動理由を説明したとしても、それが結果に結びつくものかどうかは別物と肝に銘じましょう。

(しかしながら、少なくとも主体性、責任感は自分の中で育つと思いますよ)

 

 

「行動理由が説明できれば結果になるんじゃないのかよ、結局は育ちや才能の違いじゃね」

と思う人もいるかもしれないですね。

 

そんな人に向けてフランスの哲学者パスカルの有名な名言を。

 

人間は考える葦である

 

この言葉の通り、人は弱くて儚いものですが、

考える」という尊い才を全ての人が生まれ持って備えています。

自分なりに自分の人生をどう歩んでいくか(行動するか)、を考えるというだけで人として価値ある存在なのだとほんとに思います。

 

100年足らずの短い人生を、より有意義に生きていくためにも、

頭を使って考えて、自分の行動理由を説明できるようになりたいですね。

なんか自分ちょこっとでも成長してるな」って感じられたら「順調順調」ですよ。

 

 

まとめ

西野さんがイケメンな理由は

自分の行動に常に理由を考え続けることで、

  • 結果をコントロールできる主体性がある
  • 結果に対する責任感がある
  • 時間(=自分自身や周りの人)を大切にできる

 

という内面性にあるのではないでしょうか?

 

しかしながら

敵の多い西野さんなので、 

僕のこの意見もディスられてしまうかもしれません笑

それも意見を発信した自己責任ですねw

 

 

あの有名人もやっている裸で寝る7つの効果と実感「裸寝はアリ?ナシ?」

f:id:kuma30623:20170823232043p:plain

 僕は朝起きて

「あースッキリしない」

と思うことがよくあります。

 

 

過去の記事で、成功者の多くが「早起き」だということを書きました。

kokoro-karada.hatenablog.jp

 

睡眠は成功と切っても切れない重要な一要素なのは多くの人が気づいています。

それくらい睡眠は大切です。

 

しかし、

 

寝たはずなのに寝起きが悪いとか、

いくら寝ても眠いとか、

 

周りの人の話を聞いても多いのが睡眠の悩み

睡眠が大切とわかっていても

その睡眠をどうしたらよくできるのか

わからない人が多いのも事実です。

 

僕もそのひとりですが、

ある時こんな記事を見ました。

 

とても興味深い…

これは睡眠の悩みがまた一つ減る予感です!

ということで「裸で寝る」を

少し調べて実際にやってみました!

  

 

裸寝を実践している人の共通点

 

裸で寝ている著名人は結構いるそうです。

 

タモリさん、斎藤工亀梨和也さん、大島優子さん、マギーさん、叶姉妹さん、橋本マナミさん、深田恭子さん、長澤まさみさん、、、

 

1日1食湯シャンなど、健康通で有名なタモリさん

そんなタモリさんも裸で寝るそうです。

 

これはかなり有力そうだ。。。

 

さらに見てみると裸で寝ている人の共通点は

みんな美人!!!!(※男性も美人に含めて良いと思う笑)

 

 

睡眠がしっかりとれていないときは

「なんだか肌の調子が悪いな…」

と感じる経験は誰しもしたことがあるはず。

 

裸で寝る人に美人が多いのは、

そもそもの顔立ち等もありますが、

やっぱり睡眠の質が高い分、肌が綺麗だし、

エネルギッシュだからな気もしてきました。

 

 

裸で寝る7つの効果

裸で寝るとこんなに効果があるようです。

  1. 若返り・美肌効果
  2. 睡眠の質が上がる
  3. セックスがよりハッピーになる
  4. ストレスが減って幸せ感UP
  5. ダイエット効果がある
  6. 血行が良くなってむくみ解消につながる
  7. 陰部の臭い改善

 それぞれについて簡単に説明します。

 

若返り・美肌効果

質の高い睡眠を取ることで

メラトニンというアンチエイジングホルモン

成長ホルモン が分泌されることで

若返り効果・美肌効果が期待できます。

 

メラトニンは有名な入眠作用の他に

老化防止・抗酸化作用があるので、肌の老化や酸化を防ぎます。

 

成長ホルモンは体を作るホルモンのため、

若々しい肌が作られることに影響します。

保湿力を高めたり、コラーゲンを作ったり、

肌トラブルの修復をしたり、効果盛りだくさんです!

 

 

睡眠の質が上がる

質の良い睡眠のポイントの一つは

体温を下げること」です

 

眠くなった時に手足がポカポカしてくるのは

そこから熱を外に逃がして体の中の温度を下げ

代謝を下げ、脳の温度を下げるということが

行われているからです。

 

それが睡眠の質に直結していて

温度が下がりにくければそれだけ眠りが浅くなります

 

裸で寝ることで、

体や皮膚の温度調節がうまく行われて、

体温を上げすぎなくなるため、

熟睡できるんです。

 

 

セックスがよりハッピーになる

裸で寝る=風通しがよくなることで

女性はデリケートゾーンの感染を防ぐことにつながり

男性は精力の増大につながります

 

裸で寝ることで

女性には安心、男性には自信がつき

セックスの悩みも解消できます。

 

ちなみに

男性の陰部はそもそも風通しよく温度が低くなることを前提に

女性とは違って体の外に垂れ下がるようにできているそうです。

 

 

ストレスが減って幸せ感UP

下着やズボンをはかないことで締め付けが無くなります。

それだけでまず締め付けによる知らぬ間のストレスが無くなります。

また、裸で寝るとオキシトシンというホルモンが分泌されます。

オキシトシンは「幸せホルモン」と呼ばれていて

  • 不安や恐怖を和らげる
  • 幸せな気分になる
  • 食べ過ぎを防ぐ
  • ストレスを緩和する
  • 美肌
  • 筋肉の回復力アップ
  • 感染症予防・免疫力向上
  • 体温上昇

など諸々の効果があります。

 

ちなみにオキシトシン

男女の肌の触れ合いでも分泌されるので、

パートナーのいる方は

積極的にハグすることで

どんどん幸せになれるそうです。

 

リア充はどんどんリア充になる」

その原理まで見出してしまった。。。

 

  

ダイエット効果がある

低い体温で眠ると体の中で脂肪が燃焼されるそうなんです!

低いと燃焼されるってなんか不思議ですね。

でも考えてみれば当たり前で、

寒いと体は熱を作ろうとして脂肪を燃焼させるからですね。

 

裸で寝る=体温が下がる=ダイエットにつながるということです。

 

 

血行が良くなってむくみ解消につながる

下着等の締め付けがなくなるので、その分血流もリンパの流れもよくなります。

そのためむくみの解消に繋がったり、

 

 

陰部の臭い改善

パジャマや下着をつけて寝ると

アソコの通気性が悪くなります。

汗を掻くと蒸れてしまってかゆみや臭いの原因になります。 

デリケートな部分の通気性を保てば

かゆみも臭いも予防できて大事な場面で

「こいつくっさ…」と相手を萎えさせることも減るでしょう。

 

 

 

裸で寝た時の実感による現実的メリット・デメリット

 効果があることはわかったけれど

それと実践するかは別物ですよね。

 

なので、今回も僕が一肌脱いで、

というか着てるもの全部脱いで

裸で寝ることへの現実的なメリット・デメリットを検証しました。

 

  

メリット

まずはメリットです。

  • 肌心地が最高!快感!笑
  • 起床後そのままシャワーへGOできる
  • パジャマがいらない(余計な出費と洗濯物が減る)

 

まあ〜

とにかく心地良い!!!

それに尽きるかもしれません。

やってみないとわからない快感ですね。

今の夏の時期だからこそ

布団のひんやり感が最高でした。

 

そして僕は朝シャン派なのですが、

地味に起きてそのまま風呂場に行けるのは

ストレスが無くなって良かったです。

 

あと洗濯物が減ること!

これは主婦さんは大事よね。

 

けどね、パジャマの洗濯は減ったけど

逆に頻繁に洗わなきゃいけないものがここで登場するんですね。。。

 

 

デメリット 

とりあえずデメリットを一通りあげます。

  • 汗がそのまま布団にいくので頻繁に洗う必要がある
  • トイレ行ってから寝るのがなんか汚くなりそうで嫌
  • 風邪をひきそう
  • 寝相が悪いと布団から体が出て寒い
  • 緊急時の避難に手間取るよね

 

はい!布団やシーツの洗濯頻度めっちゃ増えますね!

だって体の汗そのまま吸収してるし、何より

大事なところがむき出しなので、きたねぇです。笑

僕寝る前に必ずトイレいくからなんか嫌なんですよね。笑

パジャマの洗濯は減っても代わりにもっと他で洗濯物は増えますね。

 

いちお僕の場合これで応急処置しています。 

 

 これでしっかり布団についた汗を乾燥させるだけでも全然違います。

そしてこれ冬場は温めに使えるからほんと重宝!

 

できればこいつもあればバッチリだと思います。

 

 布団クリーナーは個人的に裸で寝ないとしても

是非とも手にしたい商品…。

毎日寝る空間とにかく清潔にしたいんです!

睡眠の質に関わりますし。

お金で買える睡眠の質は若いうちから買っとくべき」です!

 

 

この2つがあれば、裸で寝たとしても少しは清潔を保てると思います。 

 

 

 清潔は保てても、寒くて風邪をひくリスクは難しいですね。

特に冬場が心配…。

 

エアコンをしっかり調節するのが一番かな。

 

 

ただどうしようもないのが緊急時だよね。笑

こればっかりは諦めましょう。笑

確率の低いことを心配しても仕方がないですからね。

 

 

 

まとめ

今回やってみましたが、実感としてはデメリットの方が多いんですよね。

まあ、デメリットの中にはただ心配なだけなものもあるけど。

 

色々トータルで考えて、「裸で寝る」という睡眠法は

僕の中で、「アリ」です!

 

 

裸で寝ることはよくないという記事もありましたが、

実際に高いレベルの情報が回る芸能界で、美人の多くが裸で寝ることを実践している点からしても、効果がないとは言い難いと思います。

 

少なくとも最初は違和感を覚えますが、

気持ちいいと思うことに間違いはないように思います。

 

良い睡眠は、痩せる・肌が綺麗になる・エネルギッシュになる、

睡眠の質の重要性を改めて知る機会になりました。