くまざわの「20代の自由時間」シェア

日々の暮らしに小さなワクワクをプラスしていく

ネガティブな時に考えたい、前に進むための質問

2ヶ月ほどブログを空けてしまいました。。

 
 
実は大きな失恋をしてしまい、
大変ネガティブモードになっておりました。笑
 
 
友達と遊ぶ時間も惜しむような僕でしたが、
さすがにハートがバキバキになっていたので、
友人とご飯に行ったり、年越しをしたりと
お酒三昧の毎日でした。笑
 
 
もちろん仕事も頑張っていました。
年度が終わりに近づき、
来年度の事業計画を作成する時期、
今はバタバタの毎日です。
 
 
そんな中、今日は1ヶ月ぶりに
人生の師にお会いしてきました。
 
先生は僕に「サッパリしましたね!」
とおっしゃってくださりました。
 
サッパリしたのは髪型だけで、
心はまだまだ失恋の大波にもまれて
なんとか立っている状況でしたが、
それは先生の前でお見せするのは失礼なこと…。
 
 
そんな大尊敬の先生から、
「去年1年間を振り返ってみますか」
というお言葉をいただきました。
 
 
 
質問とは時に、奇跡を感じさせます。
 
「1年間はあなたにとってどんな意味がありましたか」
 
これが先生からいただいた奇跡の質問でした。
 
 
 
 
2016年、、、僕は
・仕事に心を奪われる1年だったが、それは楽もダメだけど、無理にたくさんのことをしようとしてはダメだということだと思った。
 
・恋人第一になり過ぎて、相手に甘えて自分の良いとこから悪いところまでさらけ出しすぎた。。。先生や友達に助けられて今があるが、そのことから大切なことは相対的で「これが絶対だ!」と思い込んだり過集中してはバランスが取れないということを1年で気付けた。
 
・仕事にしても、独自の活動にしても、具体的に目標や未来を描いていないと、「今」この瞬間にだけ心を奪われてしまい、楽をしたり嫌なことを避けたりしまうことに気付けた。
 
 
 
簡単ですが、こんなことを思いました。
 
 
自分自身でこういった意味を探すことが
とても大切なのだと感じました。
どんなひどい経験をして、
どんな怠惰な過ごし方をして、
それでもじゃあそれは自分にとってどういう意味があったのだろう…
と自問自答してみることが大切です。
 
 
答えは周りにはなく、自分の中にしかありません。
人に「これは正しくて、これは違うよ」
と評価してもらうものでもありません。
 
 
自分の中にある物事の意味を改めて考える。
先生の質問で僕は次の1年を、
反省を生かした成長の1年に変えることができそうです。
 
 
あなたも、去年の、、、
時間があればこれまでの人生の出来事に応じて、
「それは自分にとってどんな意味があったのだろう?」
と自分に質問をしてみてはいかがでしょうか?
 
 
 
2017年もよろしくお願いします。